<私はガン患者>B『問題意識が、素人以下の医師に因るドクハラ』
《参考》
ドクハラ(ドクター・ハラスメント)」
             …医師の言動に因る、患者に対する嫌がらせ。

※名古屋方面の大学に通いだして2年目の昭和47年初夏、案の定、何時の頃からか毎年のように、春先から起こる持病とも言える37℃を超える微熱と、頭痛・吐き気と病的な倦怠感・疲労感などの不定愁訴に悩まされた。この年は心身共に限界に達した事から、当時、住んでいた学生専門アパートの大家に相談して公立名古屋総合病院(以後・公立名古屋病院)にかかる事にした。

※電車を乗り継ぎ、1時間以上掛けて病院に到着し、受付を済ませて待っていると、内科診療室の一つに午前中最後の患者として呼び込まれた。看護師に呼ばれ医師の前の丸椅子に座った時には、
『これで、何とか楽に成れる!!』
 …と大きな安堵感と期待に胸を膨らませたが、30歳台後半と思われる医師の、
「どうした」
 …の一言に、何故か一抹の不安を感じながら口を開いた。
「ここ何年か、春先に成ると頭痛・吐き気に加え37℃強の微熱と病的な倦怠感・疲労感に悩まされ、今年は特に酷く、たまらなく成って来ました」
 …と症状を訴えたところ、その医師は薄笑いを浮かべながら私を一瞥しただけで、随分と私を馬鹿にしたような表情と態度で、
「そんなモン…痩せたら治る。それでは…」
 …と鼻先で笑うように言い、カルテには何も書かず立ち上がると、傍の看護師に何か言って診察室から出ていこうとした。それも、私が話し終わって1分弱。その態度に驚き、
『此処でも、又か!!』
 …と思いながら、
「チョッと待ってください!!倦怠感・疲労感を取る治療とか、何か検査は無いんですか!?」
 …と聞いた。すると、医師は診察室の出口に立ったまま随分と不機嫌な顔をして、
「ン〜それジャ〜、検査位しとくか〜」
 …と、如何にも面倒臭そうに言い、二十歳前の若造(私の事)にですら、
『何で〜!?何でこの位の対応なの〜!?公立総合病院で、何でこの位の診察や検査なの〜!?』
 …と思える程の、言わば僻地の老医師一人・老看護師一人の診療所クラスの医療機関でも当たり前にする程度の一般的な数項目の血液検査と尿検査の指示のみ。処置室で看護師に採血して貰い、採尿を済ませて診察室に戻ると、
「一週間後に来るように…」
 …と言っただけで、問診・触診・聴診・打診などの医師として基本的な診療行為が無一切無いまま、何故か診察室から急いで出て行った。この事実を見聞きしては、
「私を診察室に呼び入れて諸症状を聞いたのが『問診だ!!』と言うなら、触診・聴診・打診・生化学検査・その他の診察や検査を一切せず、患者である私を見た目だけで頭から小バカにした態度をとり、あまつさえ鼻先で笑いながら『さんなモン、痩せたら治る!!』と、公立総合病院勤務の医師が、医学・医療に無知な素人と全く同じ見解を示したのか!?」
 …と、声を大にして問いたい。それでも、一週間後に病院へ行き、診察室へ呼ばれて言われた内容は、
「検査の結果には、一切異常が無い。だから、此処では治療の方法は無い。それでは…」
 …と、[予想通りの結果を言っただけ]で、今度は私一人を置いたまま看護師と二人で退室しようとしたではないか!!その様子に愕然と成った私は、思わず叫ぶように言った。
「チョット待ってください!!この底シンドイと言う倦怠感・疲労感、何とか成りませんか!?」
 …と言う私の言葉に、逆ギレした医師が怒鳴り返してきた。
「検査に異常が無い限り、此処では何もする事は無い!!」
「ジャア、このシンドイのは一体どうしたら良いんですか!?」
「そんな事ァ知らん!!痩せたら治る!!」
「ジャア、痩せるまで我慢しなけりゃいけないんですか!?」
「そんな事ァ知らん!!自分で考えろ!!」

 …その医師の対応に、
『これが、人の命を預かる国家資格の医師免許と言う特権を持った人間の発言なのか!?公立総合病院と言う公の医学研究・治療機関の医師の発言なのか!?』
 …と思った程。それも医師と言い争いのような会話の中で、[僅か19歳の法的に少年扱いの若造が思った]のだ!! 第一、
「自分で考えろ!!」
 …と言われても、年齢相応に社会的経験が少なく何の医学知識や臨床経験も無い少年が、体調不良の中で考えた末に、住んでいた学生アパートの大家と相談して、この公立名古屋病院へ行った訳だ。故に、
『まともな診察も検査も治療も無く、このまま追い返されたのでは堪らん!!』
 …と思いつつ、更に食い下がった。
「でも、このシンドさは何かあると思うんですが、もっと違う検査なり治療なり、何か無いんですか!?」
「そんなモンは、一切無い!!そこまで言うなら、同じ検査をもう一度してやる!!異常が無いと出た検査を、何度しても異常無しと出るだけだ!!」
 
 …このように医師自身が、
 @異常と言う結果が一切出ない検査と知りつつ、
 Aそんな検査を何度しても、同じ結果しか出無い事を解っていながら、
                      傍の看護師に怒鳴るように言った。
「もう一度、同じ検査をする様に!!」
 …と言うなり、自分の座っていた椅子を蹴り飛ばして診察室から走り出て行った。その医師の態度に、傍の看護師は一瞬だが気の毒そうな態度を見せただけで、仕事をしている降りをして、問題医師がどう対処するのかを待っていただけ。その二人の様子を見ていて、二度と公立名古屋病院へは行く事は無かった。

※それから30年以上経った現在、多くの医師はこれ程みっともない言動は取らないが、
「心情的には、患者に対し基本的に同じ感情・同じ考え方を持って接している」
 …と、思える節が多々ある現実。これらの事実が大きなトラウマ(trauma=心的外傷・心の傷)と成り、
「私の持病とも言える不定愁訴・諸症状は、それこそ手遅れ状態にでも成らない限り、絶対誰にも理解されない!!最悪、死んでも理解されない!!」
 …と迄、言い切らせ思い込んだ程で、三十数年後に手遅れ状態の胃ガンと命の遣り取りをするとは思わなかったのも事実。
 《注》…変な表現だが、『手遅れ状態のガン』と言う事は、『軽い末期ガン』である。

※多くの医師達は、
 @私の体型が肥満気味である…が故に、
 A見た目だけで、糖尿病or通風と決め付けた検査しか行わない…から、
 B当然、私の肥満の原因と成る特定の病気の正確な検査すら出来ない…から、
 C当然、正確な病気の発見、言わば的確な診断が出来ない…から、
 D当然、まともな発言や治療なんぞ出来る訳が無い!!…と言う事実のみ!!である。

※この辺りの事実が、最近、マスコミに出てくる有名医師が言う、
「患者も、自分の病気の発見・治療をしてくれる医師を、探す努力をしなければ成らない」
 …に、繋がっていると思う。
                             ・・・・・以下、次回へ。

一般 | Link | Trackbacks:0 | Comments:12
(2006/05/29(Mon) 20:18:04)

 <私はガン患者>A『何を考えて生きている!!』
『私にも思いっきり言わせろ!!』

※私が鍼灸の道(鍼灸専門学校)に入ったのが、二十歳の時。それには、一つの大きな切っ掛けがあった。
 …幼少の頃より春先に成ると必ず、
 @原因不明の微熱・偏頭痛・吐き気など、
 A病的な倦怠感・疲労感などに、必ず悩まされていた。

※こう言うと、今でもだが必ず次のように言われる。
「その位、私にも経験がある!!」
「そんなの、誰にでもある!!」
「春先の、単なる木の芽起こしジャ!!」
「そんなの、甘えジャ!!」
「風邪も引いて無いし、熱も無いのにオカシイ!!」
 …ならまだしも、言うに事欠いて、
「そんなの、単なる過保護ジャ!!」
「お宅しな金があって余裕があるから、そんな甘えた事を言うとれるんジャ!!」
 …などと、口汚く罵られる。

※平成18年春現在、この不定愁訴(諸症状)は十分な勉強をしている医師なら理解できる、
 @甲状腺機能減退症の症状であり、
 A脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)の症状であり、
 Bそれらが原因の慢性疲労症候群とも言える症状…で、ある。

※それも人それぞれなのに、
 @医学・医療の専門知識や臨床経験が一切無い上に、
 A病的な不定愁訴の実体験すら全く無い素人の方々が、
 B一切の医学的根拠が無い
   『体格が良い』『若い』『元気そうな』と言った外見だけの判断で、
 C断罪とも言える罵る言動ほど怖いものは無い。
 D尚且つ、医師を初め多くの医療関係者が、
      何故か[それら素人と何ら変わらぬ判断をしている!!]…と言う現実。
 Eそして、それら素人並みの判断しかできない医師達の発言を武器に、
  「その位で!!」…と言われる素人の方々が、余りにも多すぎると思う。
 F結果、それらの言動が巨大ストレスと成り、
     単なる不定愁訴が軽い病気と成り、やがて大病と成る。

※当院に来ている女性ガン患者が、何をどう言っても全く理解されない自分の病気や不定愁訴を指して、次のように言い放った。
「悪いモンは、悪いんジャ!!先生や私らのような病気は、[病気を喰った人間]ジャないと絶対 に理解できんのジャ!!病的に何処も悪く無い奴や、比較的元気な奴等に何が解る!!そんな奴 等に、何で解る!!」
 …と。

※『百聞は一見に如かず』…の諺通りで、
「病気に因る個人差の大きな多くの不定愁訴を、通り一遍の教科書通りの解釈や標準治療と言 った対応しか出来ない多くの医師や、正当な医学知識や臨床経験が全く無い素人達が、大き な病気や珍しい病気が原因の不定愁訴を経験した事の無いようなそれらの人々に、他人様の 苦しい病状が何故、理解できると言うのか!?」
 …と言うと必ず、
「自分にも、その位の経験はある!!」
 …と反論するが、
 @大病とか珍しい病気の範疇では無い一過性の軽い諸症状を、
    幾ら多く経験しても、経験不足では一切理解できない。
 A百歩譲っても、
   長年にわたる不可思議で病的な諸症状の実体験が無いから理解はできない。
 B己の身体で体感する以外は、絶対に理解は出来ない筈。
 Cそれを物知り顔で、病人と呼べる者に対する罵詈雑言。
 D何故、病人と言える者に対し感情的に罵る表現で口を開くのか!?
     私には、その辺りの神経・感性が理解出来ない。

※此処で、
「医学・医療の専門家である筈の医師ですら、経験・実体験が無いから理解しようが無い!!」
 …と言う話の裏付けを、幾つか列挙してみたいと思う。

                               ……以下は次の項で。
一般 | Link | Trackbacks:0 | Comments:12
(2006/05/26(Fri) 17:19:00)

 <私はガン患者>@初めに…
『私は、膵臓にまで浸潤した手遅れ状態(Vb)の、進行性で悪性のガン患者です』

※こう言うと、ほぼ100%の人が驚きの表情と共に言葉を失う。そして間を置き、
「お元気そうなのに」
 …と言われる。だが、皆さんを驚かせ同情を買おうと思って言った訳ではない。
「二十数年来、国民の1/3が何等かのガンに罹患し、死亡率のトップになっている」
 …と言われ、話してる相手がガン患者と解ったり、亡くなられた方々の遺族から、
「あの人は、◎◎ガンで亡くなった」
 …と言った話を聞いても、十数年前に比べて驚かなくなった事が怖い。そして、
「ガンも、治る範疇の病気になった」
 …とも言うが、あくまで初期の初期での話。自覚症状が出始めた頃には、随分と症状が進んでいる事が多い。

※私の場合、
 @ガン病巣から出血しており、酷い貧血を起こしていた。
 A病巣が胃の幽門部にあり、膵頭部に浸潤し、凄い逆流性食道炎(胸焼け)があった。
 B食後の蠕動が起こり始めると、胃部に当たる体壁が『プクッ』とはれ、
     こなれた食物を無理矢理に十二指腸へ送り出していた状態だから、
 C「ヒョットして、胃ガンかな…?」と、感じていた程。
 D故に、外来で診察した医師から、
  「手遅れ状態(Vb)の胃ガンです」
  …と、告知されても仕方の無い話。

※そこで皆さんは、
「そこまで解っていながら、何故、早目に医師の診察を受けなかったのか!?」
 …と、不思議に感じると思う。理由は次の通りで、書置きしていた原稿の一部だが、この事実内容が手遅れ状態に成るまで我慢し放置していた本当の理由。
 まずは、一読していただければ幸いかと思います。

以下、次回へ。
一般 | Link | Trackbacks:0 | Comments:2293
(2006/05/23(Tue) 23:49:12)

 「手記・私はがん患者」の記録公開の予告
 平成15年初夏に入院以来、何かの足しに成るかと思い、闘病記を書き綴っていました。
 それを自費出版する予定でしたが、費用が掛かり過ぎる事から中止。このホームページ上の掲載項目に、原稿を載せようかとも思いましたが、この蘭に日記形式で少しずつ載せる事にしました。
 内容的には、ガンの諸症状が出ていたにも拘らず、何故、放置したのか…の理由から、入院中の闘病日誌、退院後の通院日誌、宗教的な分野まで、幅広く書いています。
 本ホームページの掲載蘭に、愛媛新聞の記事も載せられていますから、感想などを本稿中やメール、ファックスなどでお知らせ願えたら幸いかと思います。
一般 | Link | Trackbacks:0 | Comments:10
(2006/05/23(Tue) 17:10:07)

 ゴールデンウィーク
 昨年に続き、本年のゴールデンウィークも仕事でした。
 二人の子供達が幼い時は子供に託けて遊びに行ってたが、歳を取るに従って人波に酔ってしまう事が多く、必ずと言ってよいほど体調を崩してしまう。そう言った時は、山河へ行ってマイナスイオンを浴びてくれば良いのです。
 でもね…、2年程前から自然界にあるクラスターイオンと同等のマイナスイオンを発生する機械を導入したこともあって、山河へ行く時間の無い時や、天候が悪い時などには随分と助かっている。

 時間の取れる休日にはキャップを被り、小さめのリュックに鍼の道具や傷薬や飲み物類を入れて、山道や車の往来の少ない所を歩いているの。それを患者さんや知人・出入りの薬屋さん等に目撃されており、後々「若いですね〜」って言われる事となる。
 何故なら、仕事中は白衣姿だから運動の為の御散歩中は随分と若々しい(?)格好をしているらしく、普段は見る事の無い姿に、多少、驚くらしい。家族に言わせると、冠婚葬祭用の黒服にサングラスをかけると完全なヤクザさんに見えるらしい。と言う事は、私の場合はマネキン…と言うか、少々ヒネタ着せ替え人形のようです(笑)。

 と言う事で、今年のゴールデンウィークも何の問題も無く過ごせました。
 そうそう、今日は世間様はゴールデンウィークの最終日だったので、自分の身体の手入れにマイントピア別子の温泉へ、息子と二人で行ってまいりました。これで、明日からの仕事をガンバガンバ!!「一寸…古かったかナ〜(笑)」
一般 | Link | Trackbacks:0 | Comments:6
(2006/05/07(Sun) 23:41:01)

200606のログ 200604のログ

Copyright © 院長の独り言. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]