鍼灸は障害者のリハビリにも最適。
最近、車椅子の障害者が何人か、治療の為に来院している。当人から話を聞いてみると、それ迄は病院でのリハビリ治療を受けていたのだが、当院の治療を受けだしてみると、『病院のリハビリ治療が、如何に効いて無かったかが解った』と言う次第。
来院する切っ掛けが、障害者の健康保険があると個人負担が無かったのに、何割か個人負担しなければ成らなくなり、人に勧められるままに来院治療を始めてみると、その効果に驚いて続けていると言う話。

平成17年9月19日の私が出た新聞記事を見て、最近、治療に来始めた南予の患者さん。息子さんに連れて来て貰ったのだが、話を聞いてみると『鍼治療を受けた事があるが、効かなかった。鍼治療は、何処でしても同じだと思ってた』と言う。
『鍼治療なんて、何処でしても同じ』と言う話、随分と聞きますが、どちらかと言うと外科的な技術と知識が最優先する治療だけに、生まれもった鍼灸や医療に対する能力が無いと、まともな治療は出来ないと思う。
だから最近、問題に成っている医療過誤問題。学校の成績が少しだけ良いと言って、医療に関する能力が無いままに医者に成った人が起こし易い。
医師国家資格なんてモノは、学校へ行くだけの金と記憶力があれば、誰でも取得できる代物。医者としてやって行くには、@才能…とA努力…が無ければ駄目。『才能の無い人が幾ら努力しても駄目』…って事は、皆さん大体、気が付いている筈。
何故なら、記憶力だけに頼ると言う事は、教科書通りの治療しか出来ないと言う事であり、臨床現場に入ると教科書通りの症例や治療が出来ない患者さんが沢山居るのです。

それだけに、『鍼治療なんて、何処に行っても同じ』と言う発言、誤解だとお解かり戴けると思います。
それに病院などでの投薬治療の多くは、『飲ませてみなけりゃ解らない』と言う部分で治療してる。多くの治療は、同じ部分があるから決して『鍼治療なんて…』と言わないで下さいね。

一般 | Link | Trackbacks:0 | Comments:104
(2007/01/22(Mon) 10:18:28)

 明けまして・・・。
明けまして、おめでとうございます。
本当は、今年の新年挨拶はタブーなのですが…何時も見て頂いている方々にご挨拶をと思いまして…。

年明け…新年から縁起でも無いと言われるかも知れませんが、一昨年暮から身近で亡くなる方々が何時もより多いように感じます。
そして新聞の死亡欄を見ると、亡くなった方々が70歳台だと若過ぎると思われる程に高齢(80歳台・90歳台)で亡くなる方が目に付きます。

人間、この世に生まれた時には死と隣り合わせのセットで生活をしている。
私に限らず、末期ガンとか命に直接関係してくる病気に犯されている人は、明確に死と隣り合わせだと言う事を自覚させられる。
多くの比較的元気で過ごしてる方々は、身を持って死を体感・自覚する機会が少ないと思いますが、年始めの今日、何等かの格好で何れ死は確実にやって来ます。悔いの無い人生を過ごしたいものです。
3年半程前、末期ガンの手術を受け退院してからテレビのニュースを見ていると、立て篭もり事件の報道をしていた。立て篭もり犯が持ち込んだ灯油に火を付け爆発させたものだから、陣頭指揮を執っていた現場責任者の警察官か殉職したと言う内容だった。
この時に感じたのが、
「こう言った事故なんかで死んだ場合、『あっ!!』と思った時には既に死んでる事が多いから、本人や家族・知人は心残りに成るけど、ガンなんかで余命何ヶ月と言われても、少ないにしても残された時間を最大限に使える分だけ、まだマシかも知れない」
 と言う話をした事がある。

『ピンコロリン』と言う言葉があります。
ピンピン元気に生きて死ぬ時にはコロリと死ぬ…と言う事ですが、生きている間は、不具合があれば今流行の未病治療をして大病を患わない努力をし、死ぬ直前迄は元気に過ごし、寿命が来た時には苦しまずにコロッと死ぬ…と言う事でしょう。

年明け早々、縁起でも無い話でしたでしょうが、皆様、今年も宜しくお願い致します。
一般 | Link | Trackbacks:0 | Comments:26
(2007/01/01(Mon) 09:57:55)

200612のログ

Copyright © 院長の独り言. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]